製作展!!

≪11月30日≫

今日は製作展でした。

子ども達がいつも食べている給食から2品試食を出しました。

※納豆のかき揚げ

ひきわり納豆を使ったメニューで、揚げ物の中でも保護者の方にぜひ食べていただきたかったメニューです。このメニューをするときは園内だけではなく、園外も納豆のにおいで充満します。けれど、食べると意外と食べやすく(作っている者が言うのも変な話ですが・・)さつまいもが入っているので甘みがあります。もう一つの味のポイントになっているのが【かまぼこ】と【生若芽】なんです。一度、生若芽を入れずに作った時がありました。何かが違う・・・。かまぼこをちくわで作った時もありました。何かが違う・・。なかなか展示食では味が想像できないものなので・・。今までおかずの揚げ物を試食していただく機会はなかったので、今回は本当に良かったと思っています。苦手だったという保護者の方もいらしゃったと思います。園のかき揚げは全て薄口しょうゆで味付けをしているので、ベースとなる味がどれもこの味の濃さになります。

※甘酒ケーキ

甘酒を使ったメニューに取り組んでいます。卵・牛乳を使っていないケーキです。今月の新メニューで取り入れたメニューなのですが、噛めば噛むほど味がして、噛み応えもあり、でも中はふわふわしている。少し、ヨーグルトやチーズの味にも思えるのは同じ発酵食品だからですね。こちらもケーキも、甘さはケーキ類全部がこの甘さになるので、それを食べていただけて良かったです。

今回は【発酵食品の世界へようこそ!】をテーマにしました。

発酵食品は意外と身近にあるものが多く、実際給食でも使っているものも多いです。近年、発酵食品の良さを聞くことが多くなりました。給食でも意識して取り入れていきたい食材の一つです。

 

けれど、発酵食品を食べよう!!ではなく、いつも食べているものが考えてみたら発酵食品ばっかりだね!という給食でありたいと思っています。

本日はたくさんの保護者の皆さまに参加していただき、本当にありがとうございました。何人かの方から、家では野菜も食べないのに園では食べると聞きます!という声をいただきました。嬉しく思いました。けれど、給食の先生の力よりもすごくおいしく食べられる力が園にはあるんですよ!

園ではたくさんの子ども達がいて、先生達と楽しく食事時間を過ごしています。苦手な物を先生の励ましで食べられるようになり、大きくなるとお友達の食べている姿を見て、がんばらないと!と意欲的になっている姿がよくあると聞きます。

給食は、子ども達が好きなものばかりではなく、苦手なものも多く取り入れています。くせのある野菜の味(例えばゴーヤ)も、苦手な食感も、見た目も、そのものの味付けも、子どもにとって苦手が多いのも給食です。

世の中には色々な味付けやメニューがありますね。給食の先生も保育園の時に食べられなかった食材があって、それが嫌で行かないと泣いていたと母から聞いています(笑)けれど、いつの間にか食べられるようになってるんですよね。

甘い味、苦い味、渋い味、美味しい味、酸っぱい味!どれも知ってほしいと思います。食べることは一生続きます。だからこそ、美味しい思い出やがんばって食べられるようになった思い出。それでも苦手なものがある思い出をたくさん作ってほしいです。そんな気持ちで毎日給食を作っています。

いつも、給食へのご理解とご協力本当にありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願いします。