七草がゆ

≪1月7日≫

今日はおやつで七草がゆをいただきました。今年はみかんを添えました!

お正月にたくさん美味しいものをいただき、疲れた胃腸を休ませてあげる意味がありますね。お正月はついつい食べ過ぎてしまったり・・給食の先生も動かないのに変わらず、いやいつも以上に食べていたと思います(笑) 

1月はお正月にちなんだ行事食があります。給食でもいただきますのでお楽しみに・・。

七草にはこんなに身体にいい効果があります。とても分かりやすい文献を見つけました。ご覧ください!

春の七草

  • (せり)=「競り勝つ」
    解熱効果や胃を丈夫にする効果、整腸作用、利尿作用、
    食欲増進、血圧降下作用など、様々な効果があります。
  • (なずな)=「撫でて汚れを除く」
    別名をぺんぺん草といいます。
    利尿作用や解毒作用、止血作用を持ち、胃腸障害やむくみにも効果があるとされています。
  • 御形(ごぎょう)=「仏体」
    母子草(ハハコグサ)のことです。
    痰や咳に効果があります。
    のどの痛みもやわらげてくれます。
  • 繁縷(はこべら)=「反映がはびこる」
    はこべとも呼ばれます。
    昔から腹痛薬として用いられており、胃炎に効果があります。
    歯槽膿漏にも効果があります。
  • 仏の座(ほとけのざ)=「仏の安座」
    一般的に、子鬼田平子(こおにたびらこ)を指します。
    胃を健康にし、食欲増進、歯痛にも効果があります。
  • (すずな)=「神を呼ぶ鈴」
    蕪(かぶ)のことです。
    胃腸を整え、消化を促進します。
    しもやけやそばかすにも効果があります。
  • 蘿蔔(すずしろ)=「汚れのない清白」
    大根のことです。
    風邪予防や美肌効果に優れています。